東京で楽しく生活するなら!シェアハウスランキング!

HOME > シェアハウス情報 > 立地の他物件内のルールや住人との相性

立地の他物件内のルールや住人との相性

 賃貸の住宅を利用するとき、ワンルームマンションやアパートなどを利用することが多いでしょう。この時に重視するポイントの上位にくるのが立地かもしれません。通勤や通学に便利かどうかは非常に重要になります。立地が決まれば、その周辺にある物件から選ぶことになります。
 ただし、一般的なワンルームマンションは、立地が良ければその分賃料が高くなります。安ければ立地はいまいちです。なかなか希望通りに見つけることが出来ないかもしれません。
 そこで新しい選択肢として入れたいのがシェアハウスです。一戸建ての住宅であったりかつて寮として使われていた建物などを借りて住めます。ただ、一人で住むのではなく、複数人で住みます。シェアルームは知人や親族などで利用することが多いですが、こちらでは全く知らない人と住むことも多いです。一つの家を、複数人の他人で利用するスタイルになります。


 自分に合った物件の選び方としては、ワンルームマンション同様にまずは立地でしょう。マンションなどとは異なり、都市部のど真ん中にあることは少なくなります。住宅地や郊外が多くなります。かといって、通勤や通学に不便とは限りません。静かな住宅地にあることもありますし、学生街などに設置されることもあります。マンションなどに比べると物件が少なくなるので、あまり立地にこだわり過ぎると見つけにくくなる場合があります。
 その他のポイントとしては、その物件で住む上でのルールがあります。賃貸物件全般にルールはありますが、部屋の中に入ればある程度は自由に過ごせます。でも、シェアハウスの場合は、共同で利用する部分が多くなります。冷蔵庫なども共同になる場合があり、あまり自由すぎるのも困る場合があるでしょう。


 何といっても大事になるのが、住人の相性になるかもしれません。物件にもよりますが、自分が一番最初に住み始めることもあれば、すでに住人がいる場合もあります。住人とのコミュニケーションは必須ではありません。
 でも、お風呂、トイレ、キッチン、その他の家電製品などを共有します。全く何もコミュニケーションを取らずに生活をするのはかなり難しいでしょう。合わない人とコミュニケーションをすることはできません。女性であれば、女性のみの所を希望することもあるでしょう。年齢があまり離れていない人が住人であるところを選ぶこともあります。
 特徴としては、外国人の利用が多いことが挙げられます。外国人とのコミュニケ―ションがしたいなら、外国人の利用が多いところを探してみましょう。

カテゴリー