東京で楽しく生活するなら!シェアハウスランキング!

HOME > シェアハウス情報 > 東京でのシェアハウスで新生活開始

東京でのシェアハウスで新生活開始

 春は何かと新しい事が起きそうな、そんな胸がわくわく躍る楽しい季節でもあります。進学や就職で東京に上京してきた人や、もともと都内に住んでいた人でも、この春を機に親との同居をリセットして、独立したい人など、最初は不安だし、そこまで金銭的にも余裕がないのは、誰もが密かに抱える紛れもない事実です。そんな不安を少しでも改善してくれるのが、シェアハウスと言う生活の仕方かも知れません。
敷金や礼金などといった最初の設備投資に必要なお金はかかりませんし、家具なども最低限必要なベッドや机などは最初から備わっている所も多く、住むところさえ決まれば、後は徐々に買い足す事が出来ます。個人の部屋は、個室として与えられますが、キッチンやお風呂、トイレなどは共有スペースとして、共同で使用する場合もありますが、自然と人が集まるラウンジの様なモダンなダイニグキッチンになっていて、住んでいるうちに、ほとんどシェアハウスにいて、ひとりじゃ寂しくて、誰かいないかなと、ついつい顔を覗きに行ってしまう、そんな楽しいスペースになっている様です。


東京のシェアハウスで都会暮らし

 ここ数年、若い人たちの間でブームを呼んでいるのが、シェアハウスと言う暮らし方です。一人で上京して、初めて東京に住む人など、最初は不安で一杯でしょうが、この様な同じ目的を持つ者同士や、年齢の近い人たちで集まって暮らす暮らし方は、一昔前の昭和の大学生や新社会人が、学生寮や独身寮に住む様な感覚に似ているのかも知れません。ですから、お父さん、お母さん世代の人たちも、昔同じ様な事を経験してきた人も沢山いらっしゃる筈です。シェアハウスを提案して、一人暮らしを打診してみれば、首を縦に振らばない両親も、納得してくれるかもしれません。
他人と暮らすのは、楽しい事ばかりではなく、案外とっても難しい事です。経済的には助かりますが、もしかしたら人間関係に悩む様な事も出てくる可能性もあります。でも、それも大人になる為のステップなのかもしれません。上手に共存する事を学べば、結婚生活は楽かも知れません。


東京の一等地にあるシェアハウスで暮らそう

 東京の山手線圏内にお部屋を借りて、一人暮らしをするとなると、どれだけお金がかかるでしょう。元々の地の人、資産家や、ガッツリお給料のいいお仕事に就いている人、芸能人など、本当に限られた一部の人だけです。でももしもシェアハウスで暮らすのであれば、もしかしたらそんな夢を叶える事が出来るかも知れません。
物件によっては、築年数などはもしかしたら古くなるかも知れませんが、都内の山の手に存在するシェアハウスもあるかも知れません。敷金礼金、共益費など初期費用はかかりませんから、お部屋が空いていれば早めに申し込むのがポイントかも知れません。立地が良い分、部屋が狭いなどと言った不満な点もあるかも知れませんが、シェアハウスで暮らしている間に、しっかりお金を貯めておくなど、人生プランの手段の一つとして住んでいる人も沢山です。

次の記事へ

カテゴリー